<   2011年 06月 ( 39 )   > この月の画像一覧

森と芸術…

a0194522_14553617.jpg



森へ行って参りました。
なんて、行った気分です。

”森と芸術展”

浅草から〜
勢いで・・・電車に揺られて・・・


素敵な展覧会でした。

間に合いました〜。

庭園美術館

これからの方 ダッシュです。

7/3まで。
[PR]
by yomelog | 2011-06-30 14:55 | 日々のこと

久しぶりの隅田川…

a0194522_1235481.jpg

家庭教育学級に参加しました。
お母さん達と、
今日は校長先生のお話を聴きました。
前回はスクールカウンセラーの先生でした。



親って何だろう。

と言うテーマでした。

先ず、
昨日の我が家での私自身に反省してしまいました。
グッドタイミング。
果たして…
お手本になる背中を娘に向けているのか…。
悪い見本ばかりみせてない?

参加して良かった…。
時々ハッと気付いて
軌道修正しないと、
間違いに向かって突っ走る私ですので…。

っね。
[PR]
by yomelog | 2011-06-30 12:35 | 日々のこと

浅草へ…

a0194522_15102888.jpg

今日も暑いです。
次女の授業を参観しに行きました。
行くだけで汗だくになりました。
授業中は冷や汗。イライラ。

さて、
浅草神社です。


いつまでなのかしら?ね、
時間がなくて
今日は写真だけ撮りました。
私だけじゃ悪いし・・・
娘たちとまた来て
一緒にくぐってみたいです。
[PR]
by yomelog | 2011-06-29 15:10 | 日々のこと

ユリのはな。

a0194522_6221992.jpg



先日、父ご自慢のユリを見せてもらいましたよ〜。綺麗


しかし昨夜は 暑かったです…
[PR]
by yomelog | 2011-06-29 06:22 | 日々のこと

鑑賞しよう・12

a0194522_60299.jpg

青柳 大正13年頃

小村雪岱〈1887〜1940〉

気に入ったので今日も続きです…。

絹に彩色されています。
この絵の世界に行ってみたい。座ってしばらく佇んでみたい気がします。
気付けば緑が基調だから惹かれたのかしらね。

どんな画家さんだったのでしょうか、知らなかったのでこれから調べてみます。


私は絹本は
大学の時に一回描いただけです。お恥ずかしながら…
薄く、繊細に描きたい時には向いているかと思いました。
それではまた、次回…。
[PR]
by yomelog | 2011-06-28 06:00 | アート

鑑賞しよう・11

a0194522_10334782.jpg

梅雨時にこんな作品はいかがでしょうか。

おせん
小村雪岱〈1887〜1940〉
日本画家、挿し絵画家。


私は詳しく知らなかったのです。
泉鏡花の作品の装丁もされたそうです。

明治 大正 昭和 の日本画家の作品は山種美術館へ
いらっしゃると沢山鑑賞することが出来ます。

(この絵は埼玉県立美術館蔵だそうです
川越のご出身だそうです。)

話があちこち飛びますが・・・
山種美術館は
移転が続いて今は恵比寿でしたか…
茅場町にあった時 一年間位でしたがアルバイトしていました。
沢山の絵を鑑賞出来ました。 ちょっと遠くなってしまったなぁ…

もう一つはまた明日のお楽しみに。

追記  私の作品を右上に設置させていただきました。
         
         
[PR]
by yomelog | 2011-06-27 10:33 | アート

柘榴・ザクロ…

a0194522_7101286.jpg

今朝、ザクロが花を咲かせているのを
見つけて撮りました。
右側の方は、実になりかけていますね。

まだチビ達は寝ていました。


行って来ま〜す。
[PR]
by yomelog | 2011-06-26 07:10 | 日々のこと

a0194522_1884562.jpg


この土日はまたばぁちゃんちの子供たちです。
私が
土日に仕事となるのだけど子供たちは嬉しいのでしょうね〜。

帰っても誰も
お帰りなさい
って言ってくれなかった。

a0194522_1884528.jpg



主人と遊ぶ方が楽しそうなのよね…。


背景が実家です。
遊びにいらして下さい。
見て設計気に入りましたら
ぜし(笑)、ご用命を…。
[PR]
by yomelog | 2011-06-25 18:08 | 日々のこと

虫の声…。

a0194522_1945534.jpg

家出?
違います。
[PR]
by yomelog | 2011-06-24 19:45 | 日々のこと

天使からの贈り物。

a0194522_604442.jpg

サンタさんと同様に
いつまで演出していれば良いのでしょうかね…。

乳歯が抜けたその夜
枕元の小箱に歯を入れておくと
お金に変わっていると言う
ミラクルを長女は信じています。

天使からの贈り物。
本当に?
信じているのかな?。



前回 私が箱に入れ忘れた時は 大変でした。
あれ〜どうしたんだろう?
な〜んてとぼけてみたりして…
昨日は沢山の子供が
抜歯したんだねぇ。
間に合わなかったかな?

うーん苦しい…


今回も明け方に慌てて入れました。

ちっちゃい歯、 可愛いね。
段々と大人になって行くのね。

初めて歯が生えて来た時…、
かわいかったぁ。


幼稚園で乳歯が抜けた時
マミ先生がお便りつけて絵も描いて包んで渡して下さった。
おめでとうって。

園バスから持って降りて来た長女。
先生は微笑んで車内から見てました。
あの笑顔が忘れられません。
嬉しかったなぁ。
素敵な先生だった。


そのことを思い出すと
ふぅわぁ〜んと幸せになって(←長女が良く使う表現貰いました)

まだちょっとこの儀式、
続けてみようかな〜と思うのです。

とさ。
[PR]
by yomelog | 2011-06-24 06:00 | 日々のこと